ラーメンズとは...

(左)小林さん(右)片桐さん
(ラーメンズ微妙ハンターより引用)
小林賢太郎、片桐仁から成る、“コント屋”。
ともに、1973年生まれ、多摩美術大学卒業。
1998年の『箱式』以降、定期的に単独公演を行い、
その戯作すべてを小林が手がける。
舞台に軸足をおきながら、
漫画(小林)、彫刻(片桐)、映画など、幅広く活躍。
既存のカテゴライズを超越して新ジャンルを築きあげている。
先鋭クリエイターである。

さらにマニアックで詳しい情報は、二人の所属する
トゥインクル・コーポレーションのHPから
みることができます→ここ
今後の情報については、同HPのinformationから
確認することができます(結構下のほうに書いてあります)
あそこ
テレビのNHK、夜の爆笑オンエアバトルではなかなか
オンエアされないものの、時々オンエア、いつかは
おぎやはぎと組んでやっていたものとかすごく面白くて、
またいつかは立川談志から特別賞を受けていたラーメンズ。
すごく気になってはいたんだけど、本格的にライブに
行きたいなーっと思ったのは、WOWOWのやっぱり夜の
第11回公演『Tour cherry blossom front 345』をみて。
次はいつなんだろう次はいつなんだろうと思いながら、
録画しといてのを何回もみて、毎日パソコンいじくってるくせに
ふと検索したら、まさに今やってるじゃん!と気づいたのが
最近。当日券に5時間並んで、第13回公演『CLASSIC』
みてきて感動したので、このページをつくることにしました。
私が書く文章ときたら浅はかだけど、かなりオススメなので
ちぇっくしてみてください。
見たもの(場所)
本当は感想とか書きたいのでのちのち…

●ぽろぽろ、オンエアバトル
●第8回公演「椿」(WOWOW)
●第9回公演「鯨」(WOWOW)
●第10回公演「雀」(WOWOW)
●第11回公演「cherry brossam front345」(WOWOW)
●第13回公演「CLASSIC」(下北沢)
●第14回公演「STUDY」(銀座)
●第15回公演「アリス」(下北沢)
○微妙ハンター
○SchockWave「土下座」あとルームサービスの
○Jam Films2 机上の空論
○小林賢太朗戯曲集
○微妙ハンター
○広告批評「ラーメンズ」






















広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー