パルプフィクション [原題]PULP FICTION
[公開]1994年
[監督]クエンティン・タランティーノ
[出演]ジョン・トラボルタ
   サミュエル・L・ジャクション
   ユマ・サーマン
   ブルース・ウィリス
   ティム・ロス
   

チラシの代わりにポスター。
ユマ・サーマンが横んなってる写真は有名だ。
クリックすると大きくなる。


踊ってるシーンはすごくかわいい。楽しい。
なんでいまさらかと言うと、池袋の新文芸坐というところに
atの人に連れていってもらったからだ。
いわゆる名作劇場で、『キルビル』と2本立て、タランティーノ特集
というわけだったけど、時間の関係で、パルプフィクションだけを
観ることにあいなった。麻薬だしギャングだし暴力だし血飛沫な映画だ。
近頃文章もろくに書けないので、“story”については、ネットの
サイトをちょっとみさしてもらった。
パルプフィクション=三文小説のような=低級小説のような。

1.カフェ・レストランで強盗の相談をするパンプキンとハニー・バニー。
2.非情なギャングボス、マーセルスの用心棒ビンセントとジュールス
3.マーセルスの女房ミアの相手を頼まれたビンセント
4.八百長試合をもちかける、ギャングボス、マーセルスと持ちかけられたが裏切って逃げるブッチ

1については冒頭で少し、あ、ティムロス?と思ってから
ラストに登場するまでは忘れていたわ。が、そこまで繋がる
経過がすごい面白い。短気だけどそこまで悪くないギャング、
ヴィンセントのジョン・トラボルタがなんともかわいらしい。
あっさり死んでしまうのもいい。別の物語の中の主人公にとっては
ただのトイレからでてきたチンピラ、しかし彼にも多くの物語が
あったわけだ。そういうのって面白い。それってあまりにも
あたりまえすぎるけど、映画では省かれがちだ。発砲、流れ弾に
当たって死んでいく人達には何十年もの人生が…。
ジュールスの聖書を繰り返すの、インパクトはあるけど3回目は
もういいや、って思った。もういいやって思わせる作戦か。
いまさらだけど、ヴィンセント&ジュールスが死体を持ちこみ、
迷惑がったジミーが、監督クエンティンタランティーノだったとは。






















広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー